アクセスカウンタ
プロフィール
M.B.Tom
M.B.Tom
旧式から最新型まで銃なら何でも好きです。シンプルな物を好みます。
わりと飽きっぽいのでコレクションの入れ替わりサイクルは早め。

Instagram / m.b.tom
< 2018年11月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2015年02月28日

COLT M4A1 -Part2

のその後ですが...

タイトルの通り、ヤフオクに出品してみる事にしました。
もし落札されれば早くもINOKATSUとお別れ。


少し駆け足で増やしすぎたので、ちょこっと整理をしようというわけです。

ただ前にもそうやってG&PのM4を手放してますから、またガスブロM4が欲しくなる可能性高いですけどね。笑


さて、最近はこんな感じのスタイルにして落ち着いていました。



RASを外してKSCのハンドガードに交換。ヒートガード付きのリアルな物です。


ストックもイノカツ純正に戻して、MAGPUL PTSのリアサイトを。


もちろん外したパーツは揃ってますし、
購入時付属したカスタムパーツやスペアパーツ、買い足した工具やパーツも全部セットで。


↑これ全部です。写真にはありませんがNPAS調整レンチとホップ調整レンチが付きます。)


アッパーとロアに僅かにガタがありまして交換用にアッパーを用意してありました。


しかしバレルナットがガッチリしまっていて、
いかにも出品前に傷を作りそうな感じがしたので、とりあえずそのまま。

どちらのレイルにもナンバリングはありますが、ホワイト等は入っていません。

イノカツ製ですので、アウターバレル、ハイダー、フロントサイトポストはスチール。


アッパーの中まで貫通したリアルなガスチューブ。



ボルトも当然スチールで後部にはズッシリウエイト付き。NPASがインストールされています。

ガスチューブが通る穴の空いたリアルなチャージングハンドルも。

ORGAというショップさんのカスタムなので、マグナスHDバレルとRa-Techのベアリング付きハンマー(スチールかステンレス)搭載。


その他トリガー、ボルトストップ、マガジンキャッチ、セレクター、フルオートシア、ピン類等もスチールで。

メーカー不明のクレーンストックはLMTの刻印入り。


他には、
硬さの違う3種類のリコイルスプリング(春・夏・冬用)と、
AIRBONE製 ステンレスリコイルバッファー。


リコイルバッファーを留めるピンもスチールで、予備として実物が付属。

スチールのボルトストップが着いた、IRON製のファイアリングブロックの予備が2つ。

ストックプレートはスチールの純正とQDスリングに対応した物の2つ。QDスリングスイベルも2つ。

リコイルバッファーのスペーサーと、マズルのアタッチメントも。



マガジンはリアルで高品質なProwinのものですが、残念ながらガス漏れ始まってます。。。


オマケ程度ですが、
メーカー不明のレイルガードと簡易的なバレルレンチ、使用感バリバリのハンドガードリムーブツールも一緒に。



といった内容になっています。

箱はイノカツ純正の箱。裏にはパーツリストが載ってます。






オークションはこちらから!
すでに終了間際ですが、興味ある方よろしくお願いします^_^

無事、落札していただきました。ありがとうございました(^^)






そうそう、
アメリカン・スナイパー初日に観てきました。


主人公の心の変化を丁寧に描いた、イーストウッド監督らしい素晴らしい作品でした。

でもまぁ、ミリブロ的には映画批評より登場銃器ですかねw
戦地へ派遣されるたびに変わる装備に目が行きます。

それに意外と戦闘シーン多め。



...Mk18、TAC-338カッコ良い。笑  
Posted by M.B.Tom at 19:11Comments(0)INOKATSU M4A1

2014年09月02日

COLT M4A1 -Part1


ウチには珍しく、現役軍用ライフルを入手してみました。
そしてまたしてもコルト。M4A1 SOPMODです。



ずいぶん前から信頼性にケチをつけられ、
XM8やSCAR、HK416なんかに正式ライフルの座を奪われそうになるも未だ現役。

つい最近アメリカ軍が、
現在使用中の セミ/3バーストのM4カービンを、
セミ/フルのM4A1カービンに改修し、その作業風景を公開していましたね。
つまり、まだまだM4は現場を離れないということですね〜。

さて、

ウチに来たコイツは今は亡きイノカツ製ガスブロM4。
G&P WOCを持っていた時期がありましたが、すぐに飽きてしまい手放して以来のガスブロ長物です。久しぶり!

外箱はこんな感じ。↓


「何で今更イノカツ?」と言われそうですが、
例によってオークションでの巡り合わせです。

前オーナーによりますと、このM4は2011年製造のInokatsu最終モデルで、
ORGAというショップによるカスタマイズ品とのこと。

カスタムと言っても内部パーツの一部交換と、
作動性を良くする為の擦り合わせ等の調整がされた物です。

付属品もたっぷり。


インナーバレルはマグナスHDバレルと言うものに交換されていました。
リコイルスプリングは春用、夏用、冬用と固さの違う物が用意されていて、バッファーも重いステンレス製のハードリコイルタイプと軽量な物があり、
RA-TECHのNPASと5Bearingハンマーがインストールされています。

さらに予備としてIRONのファイアリングブロックが2つ。

外装はアンチローテンションリンク(G&Pかな?)と、
メーカー不明のQDのバットストックスリングスイベルとクレーンストックが付いています。


どちらも実用的なパーツだと思いますが、なんだかゴテゴテしてて好みじゃないので普通のに戻します。

RASはイノカツのもの。


エッジにスレが見られます。
やっぱり最近はキーモッドとかで、必要な所に最小限のレイルを取り付け、軽くスリムにって感じがトレンドですから、
こういった全面レイルは少しウルサイ感じもします。

レイルを外すと.....
と思ったんですが、固くて外れない!!

無理して傷つけても嫌なので、
ハンドガードリムーブツールと言う物を使ってみました。


エレメント製の安物です。
ツール全体がラバーで覆われているんですが...

さすが安物。一回でラバー破れました。
画像の物はビニールテープ巻いてます。

ハンドガードを外すと、いかついスチールのバレルとガスチューブが。フロントサイトまで全部スチール!うひょー!


荒々しい刻印はいかにも軍用。


よく見るとへアラインのようなものが見えます。指で触るとジョリジョリ...。


マガジンはProwinのVer.2。ガス漏れも無く快調にガツンガツン来ます。

とりあえず作動確認しただけで、何にも考えてないんですが、
今後はもっと軽量シンプルな感じに“ドレスダウン”していこうかと思っています。

イメージはCOLTのWebサイトにある
LE6920↓


もしくは、LE6920MP-B↓つまりはMagpul MOE。


ただ刻印が軍用刻印ですからねぇ...。
素直に米軍仕様にセットアップすべき...かな?  
Posted by M.B.Tom at 19:11Comments(0)INOKATSU M4A1